世界を交差させて未来を作る、コワーキング型Co-innovationスペース

EVENT

 

MBTI研修体験セミナー

 
本セミナーは、MBTI(Myers-Briggs TypeIndicator®)を活用したコミュニケーションセミナーの実験セミナーです。
本セミナーおよび実際の研修は、MBTIの認定トレーナーでもある、株式会社Tsutomu FUSE、Phd Sport Psychology Servicesの布施先生によって提供されます。
これまでは組織的に縦割りで活動をしてきたことを、MBTIなどのトレーニングを通って、それぞれへの理解を深め、組織横断的なプロジェクトや活動を円滑にするためにもオススメです。
 
MBTIは、一人ひとりのもち味と多様性を建設的に理解するためにスイスの心理学者ユングの理論をもとに開発されたメソッドで、現在世界でも最も利用されているメソッドです。   
一人ひとりには、異なる「認知システム」がついており、その「認知システム」を通って、現実や他人を認識しています。思い込みで、行き違いやミスコミュニケーションが起こるということです。
 
MBTIは、相互理解や交互に助ける土壌をつくります。またMBTIでは、他の人と比較しても同じです。ある自分の認知スタイルを「GIFT」という視点でとらえ、自分一人の強みや成長の課題とらえ、取り組み方の指針を与えてくれているです。
 
米国ではFortune100の7割が、組織マネ ージメントや管理者トレーニング、コミュニケーショントレーニング、ストレスマネジメント、エグゼクティブコーチングなどで導入しており、医療界では、医師のリーダーシップ開発やチーム医療におけるチームビルディングなどで多く導入されており、人を理解するための共通言語的な役割を担っています。
 
現在、52か国でMBTIは翻訳され、日本では10年以上前から研究開発がなされ、日本人、日本の文化に合ったかたちで2000年から導入されています。
 
MBTIはこのように「自己理解にともなう自己成長」「組織内でのコミュニケーションの見直し・向上」「チームビルディング」「マネジメントとリーダーシップのトレーニング」などの目的で多くの場で使用されています。 
 

【内容】

1)MBTI説明 
2)テスト回答①テスト配布②筆記で回答③タイプ判別
3)外向き・内向きトレーニング
4)感覚機能・直視機能トレーニング 
5)思考・感情トレーニング
6)判断的態度・知覚的態度トレーニング
7)総括トレーニング
 

【講師】

布施違反(株式会社フットツット、Phd Sport Psychology Services)

アメリカ的心理学博士の最高峰ノースカロライナ大学グリーンズボロ校で博士号を取得。
世界的権威のDr.Gouldを師として、最先端のスポーツ科学をベースで知的学習をまとめること、チームで短期(株) 東芝、監査法人トーマツ等の大企業チームビルディング、組織ポートフォリオの向上指導を行っている。
間で全国大会優勝に導くなど確かな結果を残す。
 

【お申込み方法】

こちらよりチケットをお求めください。
http://www.entrelabo.co.jp/entry/
定員:20名
 

【主催】

 株式会社アントレ・ラボコーポレーション
 

【お問い合わせ】

070-6561-3783