世界を交差させて未来を作る、コワーキング型Co-innovationスペース

EVENT

 

このイベントは終了しました
ヒーローズクラブ特別講演会
運命という重荷から自由になった
父と子と社員の笑顔あふれる会社創り

 

3代目という運命、苦節40年の末に
たどり着いた社員と一緒にニコニコできる会社。

創業64年、タカラ印刷の3代目を務める林克重社長は、生まれたときから跡取りとしての人生を運命づけられ、20歳のときに入社してから約40年もの間、苦節の道を歩んだ。
「いい会社にしたい」と思えば思うほど空回りし、その思いとは裏腹に、社員との社長間に不平不満不安が蔓延してく。それが、今では社長ご自身も「社員のことが愛おしい」とおっしゃるほど、温かい雰囲気に包まれた会社へ。そこにはどんな軌跡があったのだろうか。
 

悩みに悩んだ後を継ぐ道。「不安しかない」から、
「いいことしか起きない」へ変わった。

息子さんである善克氏は大学3年生のときに、「会社を継いでもらいたい」と言われ、1週間悩みに悩んだ結果、継ぐこと決意。社会人経験を5年間積んだ後、タカラ印刷に入社するも、継ぐと決めてから、不安な日々が長く続いた。
しかし、今では、「いいことしか起きないだろうな」という風にしか考えられないという善克氏。
父と子が共にそれぞれの立場で同じ悩みから、自由になり、幸せな会社つくりへと向かうことができたきっかけはなんだったのか?
 
重荷から自由になっていくにつれて、会社はどのように変わっていったのか?
その奇跡の道のりをお二人と共に会社を守り続けた幹部と共に語って頂きます。
 

 

【登壇者】

林 克重 氏


タカラ印刷株式会社 代表取締役
1955年生まれ。
1975年高専グラフィック工学科卒業後すぐタカラ印刷株式会社に入社。創業社長の父が10年の闘病後57歳で他界、1985年30歳で3代目の社長就任。
活版印刷からの脱却そしてカラーDTPへ大きく舵を取りながら新分野へ参入し現在に至る。医療機器開発プロジェクトなど地元で様々な方と協力し活動している。
社員の幸せを広げる事が、企業として社会の原動力になることを信じ目指している。
 

林 喜克 氏


タカラ印刷株式会社 常務取締役
 

髙橋 利男 氏


タカラ印刷株式会社 常務取締役
 
お申込みはこちら
 

【開催日】   

2019年3月18日(月) 13:30~16:30
 

【参加費】

5,400円(税込)ワンドリンク付
 

【共催】

Cohsa ✖️ヒーローズクラブ✖️ワールドユー
 

【お問い合わせ】

070-1392-7197
info@cohsa.com

お申込み